NDD方式の業者について(ノンディーリング方式)

 

ところで、NDD方式とは?

簡単に言いますと、トレーダーの注文はインターバンクへ直接流されるので、つまりディーラーを介さず、トレーダーとFX業者との間で公正な取引(表向き?)が行われることを指すようです。

海外業者はこの方法によることが多いことから、基本的にはスプレッドや手数料が海外FX業者の大きな収益源となっています。これにより海外業者のスプレッドは最初から高めとなってしまう訳です。

これだけ聞くと良いように聞こえますが、問題があるのは信頼性が低い業者が多いこと、サービスレベルが低いこと、実はNDDを採用していなかったりと、よくあるのは約定力が高くてもスリッページがひどいことが多いです。

 

私はFX業者に精通しているわけではありませんが、色々と情報が集まってきますので、相応のご相談もお受けしています。

 

たとえば、国内の●●業者はNDD方式を採用しているか? 等・・・

 

一方で、国内FX業者の多くが DD方式(ディーリングデスク方式)を採用しています。

この場合、トレーダーからの注文は直接インターバンクには流されないのでトレーダーとFX業者の相対取引となります。
相対取引ということは、一方が儲かればもう一方が損することを意味します。

つまり、国内FX業者の収益 は、公表している安いスプレッド に加え、トレーダーの損失で成り立っていることになります。

取引の公平性という点では国内業者は海外業者に劣る部分もあるようですが、資金を預ける信頼性に関しては、海外と比べるまでもなく信頼性は高いです。

ちなみに、国内でNDD方式を採用していると公表しているは数社ありますが、純粋により近いNDD方式を採用しているのはAVATRADEなどの1.2社程度だと言われています。

 

このような仕組みを理解したうえで法人のFX口座開設、資金運用のベースとなるFX業者を選んでいただければ、将来も大きく違ってくるでしょう。

 

まとめ・・・海外業者はトレーダーが儲かると基本は儲かる、国内業者はトレーダーが儲かると基本は損失が出る

*あくまで表向きの話です。

 

海外FX業者について