ASCFXレポートランキング

お待たせしました。

年間の人気記事1位から10位までをご紹介します。

昨年までと違って、今年は変化の時期でもありましたので、何点もの新テーマがすべり込んできています。

 

 

1)法人FXにレバレッジ規制?

今年一番の衝撃的なFX法人ニュースでした。

FX関連業者もその対応におわれて大変そうです。

 

2)マイナンバーと法人FX口座

法人口座をつくるときに、必ず法人のマイナンバーも必要になります。

そのマイナンバーは設立後一か月以内に通知書を届くようですが、以下サイトで検索することもできるようです。
http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

 

3)バーチャルオフィスの銀行口座開設について

バーチャルオフィスの銀行口座開設は可能です。

しかし、なかなかうまくいかないこともあります。頑張って乗りこえればあとはずっとバーチャルオフィスの利点を活かせます。不安なのは最初かもしれません。

 

4)サラリーマンがFX法人を設立・兼業できるか?

できます。しかし、いくつもの注意が必要です。

また、節約のためというよりは、むしろ利益の追及として考えた方が気楽に運営できるかと思います。

 

5)自分で設立する際に気をつけること 

自分で設立~口座開設までを行う場合 (類似テーマ)
http://ascfx.com/?p=560

自分で設立する方が以前にも増して増えてきました。
設立を自分で行うことで勉強も兼ねる、あるいはお金がないから自分で設立する、様々な理由があると思いますが、できるだけ専門家に行ってもらった方が良いでしょう。
将来、逆に高くついてしまうこともあります。

 

6)FX法人のご紹介案件

FX法人を確実に手に入れる方法(類似テーマ)
http://ascfx.com/?p=574

FX法人の譲渡については、その案件自体、少ないことがデメリットです。
でも、もしその案件に巡りあうことができれば、非常に大きな節税効果と口座審査なしの安心感がついてきます。

 

7)最近設立したおもしろいFX法人

変わった理由で設立されることも結構あります。書けないくらいもっとおもしろい法人もあるくらいです。

 

8)FX取引、法人口座レバレッジ100倍からさらに規制がかかるか?

FX法人口座のレバレッジ規制までいよいよカウントダウンとなってきました。

まだ詳細はわかりませんが、ハイレバレッジの「海外FX」が改めて注目を集めていくことになるでしょう。

 

9)長野県のトレーダーには有利?!

長野県では、法人の地方税が免除されるという、非常にうらやましい地方税制が存在します。

これが理由かどうかは分かりませんが、長野県の人口に比して設立の割合は高いです。
したがいまして、長野県のバーチャルオフィスなどがさらなる注目を集めていく可能性があります。
*今後、あえて、「長野で設立」という流行?!もおこるかもしれません。

 

10)よくあるご質問26-2 定款の事業目的の成功例を教えてください。

ASCFX発足当初からアクセス数が高い項目です。正確には昔の記事に最新の情報を加えた差替レポートが26-2となります。

皆さんが興味があることとは裏腹に、最近では、審査におけるこの定款内容の重要性は低くなってきているようにも感じるのは私だけでしょうか。

 

 

引き続きASCFXをどうぞよろしくお願いいたします。

なぜあのFXトレーダーは社長になったのか 二訂版