直近半年間のFX法人レポートランキングです。

 

1)よくあるご質問26 定款の事業目的の成功例を教えてください。

以前から長い間人気がある記事です。ある程度参考にはなると思いますが、古い記事はあくまで参考程度にすべきであって、信じるのは最新情報だけにしましょう。

本レポートでも数ヵ月前に書いたことがもう既に間違っていたりすることもあります。それほど変化がある市場ですのでその点は留意してご覧いただく必要もあります。

2)法人FXにレバレッジ規制?

表向きの自主規制ですが、現在は国内法人レバレッジも約100倍まで下がっています。

ハイレバレッジ目的の法人化もこれにより減るかと思いきや、実際は増えています。

なぜでしょう?
おそらく、それは「法人への入口はハイレバレッジだったけれども、向かう出口ではハイレバレッジの重要性が低くなってくる」からでしょう。

3)マイナンバーと法人FX口座

マイナンバー制度が始まり、これを気にされるお客様も増えてきました。

法人口座を開設する際は法人のマイナンバーも提出する必要がありますので、それをどのように取得すればよいのかという点に興味があるのでしょう。
実際は、設立すると遅くても一か月以内に法人のマイナンバー通知が届きます。(並行してネットで検索すると出てくるようになります)

4)バーチャルオフィスの銀行口座開設について

以前から長い間人気がある記事のひとつです。

結論を申し上げると、できるなら使わない方が良いです。
しかし、使う場合でも、結果的に問題ないように進めることは可能です。

5)自分で設立する際に気をつけること

これは今年に入って急上昇中の記事です。

FX法人を立ち上げる方の多くがおそらくご自身で、全てもしくは一部を行おうとしている方が多いようです。
それはそれで悪くないと思いますが、しっかりと口座開設して、税務上のリスクも減らして、節税・節約効果を中長期的に享受するにはやはり専門家の関与が必須でしょう。